RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


komeyou.gifweb拍手 by FC2komeyou.gif


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2303:まだ、こんばんはではないYO~、お酒さん by 遊びまくり人ひーちゃん on 2012/09/30 at 16:02:19

マンガれすか・・・

実は、ひーちゃん・・・

まだ、ひみちゅにしておくのれすYO~

そうれすねぇ~、決まった方のマンガしか読まなくなったのれす

面白さが分らなくなったのれす

石川賢さんお亡くなりになったので、

ゲッターアーク未完れす・・・

これは、凄く残念れす・・・

まぁ、いいのれす、JOJO読むのれす

まったねぇ~

2307:テーマは出尽くした感が。 by カメゴロウ。 on 2012/09/30 at 18:07:18

マンガ…
ワタシは未だに卒業できません。
でも新作は以前ほど気にしなくなりましたし、
ムキになって全巻揃えようとも思わなくなりました。
でも、気に入ったタイトルは揃えたくなります。

新作が気にならなくなったのは、
パンさんが言うように、テーマが出尽くして、
どれも似たようなストーリーに感じてるからかもしれません。

それでも一流の娯楽だと思いますし、
マンガから得る、モノの考え方などもあると思います。

これからも肩肘張らず、気軽に気楽に読んでいきたいと思います。

2308:No title by ゆりママ on 2012/09/30 at 19:16:40

外国人が今や日本のマンガ(ワンピース)を、
バイブルと呼んで、崇拝してくれている話を、
私もTVで見ました。

そして、そんなに素晴らしいことが
書いてあるのなら、私も呼んでみようと、
少しだけ挑戦しました。
(全部は、無理ですよ!長いんですもん。)

人として、しなければならないこと!
やってはいけないこと!
愛!
友情!
などが、書かれている漫画で、
読んでいて、大感動をしました。


ぶどうさんのお父様を、漫画好きにさせちゃった話、
素晴らしいと思いました。(お父様可愛い♡)


日本人て真面目なのですね。
漫画 = 遊び みたいなイメージでも
あるんでしょうね(*^^*)

私は何度か、お話させていただいていますが、
子供の頃、ハイジや、小公女、母をたずねて~
赤毛のアンの漫画から、善と悪を学んだような気がします。

もちろん小説からも、そういったことは学べるけれども、
人物の描写や、表情が目から入ってくるので、
子供の頃は、感情移入がしやすいんですよ。

(ああー、漫画って本当に大好きです(*^_^*))

そして、忘れてならないのがジブリ作品ですね。
宮崎駿さんの好みが、多分に入っていますが、
いいんです、そんなことは、、、。

トトロ 最高。
千と千尋、ナウシカ、天空の~、 etc etc

すべての作品に、人としての優しさや、
品格が感じられます。

私、ドラえもんの映画版も凄く 素晴らしいと
思ってます。


でも、とても嫌なこともありました。
漫画では無いのですが、
赤毛のアンの映画!

原作を凄く歪めて表現してありました。
マシュウは、農夫とは、程遠い紳士に、
アンも赤毛ではありませんでした。

小説で自分のイメージを作っていた人は
皆 憤慨したことでしょう。(私だけでは無いはず!)

日本人のアニメ作品が素晴らしいのは、
出来るだけ原作に忠実に作るという、
プロ意識があるので、
そこを、私は誇らしいと思います。

駿さんは、ハイジをアニメにする時、
スイスに行って、取材をしたり、
牛の鈴の音にとても拘ったりしたそうです。
(すごいでしょ♡)

さて、最近の私!
目の調節機能が衰えてきたのか、
小説よりも、美しい大きな版の、
写真本が好き!!

自分がそうなってくると、
待合室の患者さんの事も考えます。

週刊誌の他に、写真の多い我楽とか、
家庭画報、そして、そして 絶対オススメの
♡フラレア♡! !

院長先生に 置いてくださいと
お願いしてみようと思っています。

(あ~ 長くなっちゃった!)
長文で、ご迷惑おかけして  m(__)m








2309:No title by 小心者またはチキン on 2012/09/30 at 20:34:22

心はいつまでも少年ですから!小心者です。

漫画は卒業できそうにありませんね~(爆)読むのは好きですが、描くのはムリです(´;ω;`)構成を考えられる人ってすごいですよね!いつも走りながら考えてます。そして辻褄あわせに四苦八苦するのですね!
小説から映像化されると、こんなんじゃないやーい!ってなることは多々ありますね・・・ここら辺が難しいところだと思われます。
失礼しました~

2310:読んでませんね~ by yuu on 2012/10/01 at 00:10:10

長らくマンガ読んでません。
子育てしてると、なかなか時間がねぇ。
そして、漫画本の金額も高いと感じます。
パンとぶどう酒さんが、お父様にマンガを読むよう仕掛けたエピソード、
いいですねぇ。(笑)

最後にはまったマンガがなぜか「エロイカより愛をこめて」っていう、かなり古めのマンガでした。「怪盗エロイカ」とNATO少佐との駆け引きが最高におもしろかったですよぉ。

ゆりママさんのコメントに出てくるアニメ、全部好きです。
同年代ですねぇ。

2311:No title by KAB0830 on 2012/10/01 at 00:26:14

すみません、記事流し読みしただけですが

若い人が書いたものだと余りに現実と違いすぎて
見てて恥ずかしいような、キャラクタも薄っぺらく見えて
そんな色んな経験もなく引き出しもあまりなくて
小説だとある程度の年齢や、完成させる時間の違いであったり
作者が社会人から入ったりする人が多いのか

そんな簡単に友人を助けられるものでもないし
もの凄い覚悟が必要だったり
色々な友人と付き合う事で精神的にまいったり
家族だって会社だって都合良く出来てないし

映画とかでも、若い子が見る映画で
何処が悲しかったの
と聞いてみると「だって死ぬんだよ」って
うーん
楽になって良かったねって言われる人もいるし
生き抜く事にもの凄い覚悟がいる事(人)も多いし

絵込みだと説得力がない事が余計に目立つ感じがします
実写ドラマや映画もそうです

ここ数年で年齢で号泣する映画の違いに
ビックリしました

最後に、偉そうに言いましたが
自分は小説を見ると数分で寝れます

2318:遊びまくり人ひーちゃん★かめごろう。さん★ゆりママさん★小心者またはチキンさん★yuuさん★KAB0830さんへ by パンとぶどう酒 on 2012/10/01 at 16:04:03

★遊びまくり人ひーちゃんへの返信です★
> 決まった方のマンガしか読まなくなったのれす

= それは安住の地を見つけたということかもしれませんね。
自分の望むものを手に入れたということかもしれませんね。
とても幸せなことじゃないでしょうか。

私は音楽とマンガの分野では、
その人の作品だけで、今後の人生を生きていける。
あります。持っています。とっても幸せかもしれません。
(誰も知らない♪知られちゃいけない~♪
作家が誰かは恥ずかしくて内緒なのね~☆)

未完で終わる。なんともいえず切ないですよね。
その分、JOJOをいっぱい楽しんでくださいね☆
コメントどうもありがとうございました。



★かめごろう。さんへの返信です★
> 気に入ったタイトルは揃えたくなります。

= マンガって場所をとりますよね(笑)
家が大きかったら山ほど揃えたくなります♪

> 新作が気にならなくなったのは、テーマが出尽くして、
どれも似たようなストーリーに感じてるからかもしれません。

= マンガ家によればテーマは毎回同じで、
人物設定だけ変わるってパターンも多いですよね。
そして、それがトレンドなら出版社は利益を追求しますので
同じような作品ばかり集めるようになりもしますよね。
結局それは亜流。2番煎じに過ぎませんよね。
読者も読んでいて、やがては飽きてきますよね。

> これからも肩肘張らず、気軽に気楽に読んでいきたいと思います。

= それでもまだ出会えていない
未知の素晴らしい作品と出会えるかもしれませんよね。
私も気軽に付き合っていきたいと思っています。
コメントどうもありがとうございました。



★ゆりママさんへの返信です★
ゆりママさん、「ONE PEACE」に挑戦されたのですね♪
大感動されたのですね!!
私も「ONE PEACE」全部読んでるわけじゃないですが、
ところどころ集中して読んだり、アニメ見たりして
なんとかついていってます。
感動する名場面、沢山ありますよね☆

> ぶどうさんのお父様を、漫画好きにさせちゃった話、
素晴らしいと思いました。(お父様可愛い♡)

= 父はこの2作品しか読んだことがないと思いますが、
とりあえずマンガを読ませることに成功しました☆
でも自分では買う気はないようです。
今でも私が買って忘れてこなければいけません(笑)

> 日本人て真面目なのですね。
漫画 = 遊び みたいなイメージでもあるんでしょうね(*^^*)

= 昔はマンガ読んでるだけで、不良になったり、
バカになるって言われましたよね。
でも時代は変わってきているように思います。
麻生元総理大臣、マンガ大好きでしたよね。
またゴダイゴのタケカワユキヒデ、
自宅の本棚に週間漫画ジャンプやサンデーなど、
第1号から全部持っているようですね。
昔テレビで見てびっくりしたことがあります。
地下室の本棚だったと思います。すごいなぁ~(笑)

ここからはアニメの話ですね♪
私はセーラはあまり観た記憶がないです。
「ペリーヌ物語」が好きでした。フローネは少し観たような。
このシリーズは少し女の子向けですものね。

> 子供の頃は、感情移入がしやすいんですよ。

= それが今でも結構感情移入して泣いてます。
「アルプスの少女ハイジ」DVD全話持っているのですが
最終回のクララが立つシーンでは毎回泣いています(笑)

ところでアルプスの少女ハイジの続編ってご存じですか?
別の作家が書いた小説ですが、2冊出ています。
また原作はアニメと違って宗教的な場面もあります。
ペーターが意地汚く意地悪だったりします(笑)

> 駿さんは、ハイジをアニメにする時、
スイスに行って、取材をしたり、
牛の鈴の音にとても拘ったりしたそうです。
(すごいでしょ♡)

= ゆりママさん、お詳しいですね。
私も宮崎駿さんの本読みましたよ~♪

リアリティーの追求しながら
子供たちに夢を与える部分もリアルさを壊さない範囲で、
キッチリ鏤めてあるのが素晴らしいですよね。
原作を超えていると思っています。

> ドラえもんの映画版も凄く素晴らしいと思ってます。

= 私も同じでーす。だから今でも人気があるんですよね。

> 小説で自分のイメージを作っていた人は
皆 憤慨したことでしょう。(私だけでは無いはず!)

赤毛のアンはアメリカのドラマシリーズを観ていました。
これは映画とは違うのですよね。
私は小説のイメージがないので何ともいえませんが
原作のイメージを壊されてガッカリしたことは何度もあります。
夢は壊さないでほしいですよね!!

「フラレア」検索して調べました。
月刊誌で1500円するのですね(笑)
ゆりママさんは毎月購入されて読まれているのでしょうね。
病院に置くのはいい考えだと思いました。
患者さんに読んで興味を持ってもらって、
ゆりママさんのステージを観にきてもらいましょう(*^^*)
院長先生にお願い、頑張ってくださいね。
コメントどうもありがとうございました。



★小心者またはチキンさんへの返信です★
> 読むのは好きですが、描くのはムリです(´;ω;`)

= 最近は絵をあまり描かれていませんよね。
小説に合わせて挿絵のようなものを描いて欲しいなって思っています♪

> いつも走りながら考えてます。

= 色々なタイプがあるようですね。
例えば、楳図かずおは最後の1コマから前に向って
作品を構成するようですよね。
池波正太郎の場合は鬼平シリーズなど、
ペンを走らせてみて、登場人物が勝手に動き出すのを待つようです。
また、大まかな着地点だけを決めて、書き出される作家も多いでしょうね。
「みをつくし料理帖」シリーズの高田郁がそうだったと思います。

小心者またはチキンさんの作品、続きを楽しみにしています。
コメントどうもありがとうございました。



★yuuさんへの返信です★
> 長らくマンガ読んでません。子育てしてると、なかなか時間がねぇ。

= マンガは後回しの娯楽とでも言いますか、暇つぶしの楽しみですよね。

「エロイカより愛をこめて」知ってまーす ピース(≧▽≦)v
昔、親類に貸してもらって少し読みました。
今でもまだ続いているんですよね。ちょっと検索して調べてみました。
「エロイカより愛をこめて」35周年記念メモリアルブック
9月に発売されたようですね。
35年経っても未だに完結しないんですね!
私が生まれるずっと前から連載されてるんですね(笑)
私の嫁が「ガラスの仮面」文庫本を全巻持っていると思いますが
こっちよりも長そうですね(笑)
yuuさん、35周年記念メモリアルブック、買いに走らなくて大丈夫ですか~☆

> ゆりママさんのコメントに出てくるアニメ、全部好きです。

= ちなみにゆりママさんは特撮も大好きだと思いまーす♪
コメントどうもありがとうございました。



★KAB0830さんへの返信です★
初めまして。拙ブログへ訪問してくださり、
なおかつコメントまで頂けて、とても嬉しく思っています。

> すみません、記事流し読みしただけですが

= とんでもありません。この記事は読んで貰えないもの。
コメントが頂けると、想定していませんでした。
マンガへのそれぞれ想いの強さに驚かされています。

「都合良く出来てないし」
現実社会、人間関係などは全て、
この一言でいえるように思えますよね。
物語に説得力を持たせようとすれば
言葉数は多ければ多いほど、いいと思えます。
マンガだとどうしても紋切り型になってしまいますよね。
また真実味とは別の磁力で引っ張っていくしかないのでしょうね。
できれば完成度の高い作品と出会いたいですよね。
欠点を補えるだけの長所があれば、私は欠点には目をつむって
マンガを楽しんでいるところがあります。

> 年齢で号泣する映画の違いにビックリしました

= 私も別の意味で年齢的に感じることがあります。
私は特撮ヒーローものを子供と観ることがあります。
平和を守る隊員達が子供に見えて仕方ありません。
学園祭の演劇をみていると錯覚しそうになります(笑)
子供たちが隊員さんを見れば大人に見えるんでしょうから
文句をつける気持ちはありませんが、気持ちは複雑です。

年齢、若い時の方が感性は鋭いように思います。
年齢が上がるほど、経験(価値観など)は豊かになると思うのですが、
両方得たいうのは贅沢なんでしょうね(笑)
あと、私は小説家など、私は自分と同世代か上の年代の作家を好みます。
コメントどうもありがとうございました。


2319:No title by ゆりママ on 2012/10/01 at 20:46:40

アルプスの少女ハイジの続編
読みました。
ペーターが、焼きもちを焼いて
いじわるで、偏屈でがっかりしました。

yuuさんのエロイカより愛をこめては、
子供が小さい頃、置きっぱなしにして
読まれてしまって、
いいのかなぁ?と悩んでしまった漫画です。
(小学1年だったかな?)

性教育にいいかも!  です。^^;
(良くないか!)(な?)(ウフフ♡)

2324:懐かしい! by 高月美舞 on 2012/10/02 at 04:25:21 (コメント編集)

「玄人のひとりごと」確か高校生のとき読んでた気が…。
父がマンガ好きなので、ビックコミック系は
毎週家にあったのです。
(今はたまにあるくらいです)
なので、こちらの作家さんが昨年亡くなった時、
とってもショックでした。
まさかこちらの記事で共有できるなんて(^^)

うちは逆に母がマンガNGで、
小学校高学年まで自分でもあまり読みたいと
思ってなかったです。
母に対しての複雑な思いがここには介在しますが、
それはまぁおいおい(^^;)
なのでちゃんと読み始めた時はもう
はまってしまって大変でした><
反動は怖いです。

数作品好きな作品があって、それは読んでますが、
なかなか新しい作品に手が出せなくて。
ホント、時間的にも金銭的にも、
漫画を読むって贅沢な趣味ですね><

2330:ゆりママさん★高月美舞さんへ by パンとぶどう酒 on 2012/10/02 at 15:28:34

★ゆりママさんへの返信です★
> アルプスの少女ハイジの続編読みました。

= すごい!!私は本が出てること知りませんでした。
私は少し前に古本屋で見つけて、存在を知りました。
パラパラと読んで購入しませんでした。
買っとけばよかったかなぁ…
私は「赤毛のアン」も1冊読んだだけです。
ゆりママさんはアンシリーズ、全部読まれたのですよね。
文学少女だったのですね!!
大家族で育った娘は知力体力ともに
優れているっていいますよね。

>(良くないか!)(な?)(ウフフ♡)

= こういう時、男親は無力でーす。
どうしたらいいのか(な?)
コメントどうもありがとうございました。



★高月美舞さんへの返信です★
「玄人のひとりごと」
読まれていたのですね!
渋い女子高生だったのですね(笑)
この漫画は典型的な親父漫画ですよね。
私が最後まで買っていた漫画雑誌は
ビッグコミックオリジナルです。
中島徹氏がお亡くなりになられた時はショックでした。
(中島徹氏の作品は他にも持ってまーす)

美舞さんのご両親さまは、
私の両親と同年代だと思っています。
漫画に理解のない親、沢山いましたよね~♪
反動でハマるっていうのは分かります。
一気に波にさらわれますよね。
それで気づいた時には大海原を漂っていますよね(笑)

> 漫画を読むって贅沢な趣味ですね><

= 漫画は普通の本と違って手放すのに悩みます。
再読したくなる可能性高いですよね。
そのためにまた高いお金は出せないですし…
贅沢な趣味だと思います。

美舞さんはご自身で漫画作品ができるから
羨ましいなって思います。
小説も創作できて、作曲もされますよね。
ありあまる才能、いいなぁ~☆
コメントどうもありがとうございました。


komedogeza.gif★このエントリーにコメントを残す★komedogeza.gif

   

私が漫画を卒業した理由(making編)

マンガは日本が世界に誇れる一大文化産業だと思っています。
私は外国人に日本のどのマンガが面白いのか?
教わった経験もあります。
近年、マンガを読まない人は皆無に近いんじゃないでしょうか。


私の父はマンガに全く理解を示さない人でした。
昔は結構いたように思います。
私の父はそれに更に輪をかけていました。
時代小説やミステリーなど、大衆文学にも無関心でした。


私が池波正太郎など読んでいると、
「また、つまらんもの読んでるなぁ~」
ボソっとつぶやいて去って行くような人でした。


父が定年退職して、家でブラブラしている時、
私は一計を案じました。
父に意地でもマンガを読ませてみせる!!
実家へ行くたびにわざとマンガを忘れて帰りました。


酒のほそ道 玄人のひとりごと


「酒のほそ道」ラズゥエル細木 「玄人のひとりごと」中島徹
コツコツ忘れてきた甲斐がありました。
父の枕もとの本棚に、コミック全巻キレイに並んでいます(笑)


私のマンガ歴。
3才の娘が誕生後、マンガ雑誌を読まなくなりました。
それ以前は昼食休憩時、週に2度ほど、
マンガ雑誌が置いてある食堂へ通って、
全誌、それなりに目を通していました。


家に幼い子供がいると好きな読書ができません。
家で読めない本を昼食休憩時に読む。
結果的にマンガ雑誌がはじき出された形です。
(今は読書がブログにはじき出されていますw)


近年は新しい流行に全くついていけてない状態です。
それでも読んできたマンガの量からいえば、
オタクの人とも渡り合えるんじゃないかと思っています。
実家の押入れなどに、何千冊単位でマンガが眠っています。


マンガを読むって贅沢な趣味なんですよね。
50冊購入しても1日あれば読了される方もいるでしょう。
お金がいくらあっても足りません。
図書館に置いてあればいいのですが…


マンガとの係わり合いについて。
マンガは人生において、いずれは卒業する
(読む量が減る)媒体じゃないかと思っています。


映画とその原作小説、どちらが面白かったかと質問すると、
原作の方がよかったという回答をよく耳にします。


映画は瞬間的な情報量が圧倒的にあります。
イメージが鮮明に残ります。
その分、想像する余地は乏しくなるでしょう。


その点、小説は1つの単語や文節から
想像を膨らませて夢を見ることが可能です。
人によっては行間から立ち昇る作者の情感のようなものまで
読み取られる方もいるでしょう。


どちらが楽しい遊びかといえば、後者だと思います。
マンガも同様です。絵が空想の邪魔をするでしょう。
マンガは読まないよりは読んだ方がいいですが、
想像力は小説ほど育めないと思っています。


好奇心の面からマンガについて考えてみます。
少年誌と青年誌の違いについて。


青年誌のキャラは最初から「立ってる」必要があるそうです。
最初に物語の展望を提示、キャラクターの魅力を存分に出し、
読者を引っ張れないと、後がありません。


少年誌の場合、その辺りが不透明でも
子供はついてきてくれるそうです。
大人になるにつれ、取捨選択の決断が早くなり、
また好奇心も欠落していくのでしょう。


人間は常に「人間とは?」「生きるとは?」について考えています。
人間がもっとも関心の高いことは、人間についてだと言えるでしょう。


マンガ家という職業について。
知識をものすごく必要とするでしょう。
読書家の方が多いと思っています。
読者が知識を得るにはマンガは最適でしょう。


マンガを描く。これは内面を見つめる行為。
外で何かを体験する行為とは真逆になるでしょう。
人生の様々な経験と引き換えに画力を得たと思えます。


人は誰もが1つくらいは訴える力を持ったテーマを持っているものです。
最高傑作がデビュー作で終わってしまう漫画家が多いのも頷けます。


マンガ家の関心事は絵を描くことに何割かは振り分けられるでしょう。
残りの何割かで、「人間とは何か?」考えることになるでしょう。


これはSF作家やミステリー作家にもいえることでしょう。
SFの世界観を構築したり、ミステリーのプロットを考えたり、
約束事を守ることにかなりの精力を費やします。


SF作家の場合は、元々、非現実的なことに興味があったのでしょう。
人間についての飽くなき探求者ではなかったでしょう。


マンガ家同様、関心事が人間について以外のことに、
多大に振り分けられることになります。


人間がもっとも関心のあるのは「人間について」です。
より深い考察をされている作家に、
読者がいずれは流れていく。それは自然だと思います。


SF作家やミステリー作家の中にも、その辺りに限界を感じたり、
人間について突き詰めて考えたくなった作家は、
その枠を取り払っているように思います。


人間の心の奥底にあるひずみ、怨念のような感情、
それは日常生活では垣間見ることはできませんよね。
極限状態だからこそ現れる感情、あると思います。
ある特定のシチュエーションを利用して、
人間の心をあぶりだそうとする作家もいますよね。


マンガという媒体は、
その思考の入り口付近での楽しみなのかなって気がします。
興味深いシチュエーションを楽しむ
エンターティメントではないでしょうか。


商業的見地からみたマンガについて。
コミックス化されて書店に並ぶようなマンガは
連載マンガが大半を占めるでしょう。


ある有名少年漫画雑誌では、
10週連載して人気がなければ打ち切り。
商業的成功がまず始めにありき。


いつまで続くか不安を抱えたままの連載、
その中で長期連載できたとしても、
ほとんどのマンガがどこか破綻しているように感じます。
勢いと惰性で読ませているんじゃないかと感じることもあります。


完成度の高いマンガは生まれにくいですよね。


好奇心について、もう少し詳しく。
人間は日常生活を送りながらあらゆる方向へ、
知識欲という飢えを満たすかのように
好奇心というアンテナを張り巡らせています。


そこへ何かが引っかかった時、
広く浅かった好奇心が、狭く深い好奇心に変わります。
それは向上心とも密接に関わっています。
とっても大切な心の動きだと思います。


マンガという娯楽は状況を楽しむエンターティメント。
問題提起を楽しむ娯楽だと思っています。
何かを感じるとっかかりには最適です。


ただし、そこから先へ足を踏み出したくなった時、
物足りなく感じるのは否めないのかな。
そう思っています。


私は現代に生きる人間として、
最新のマンガや書物を読みたいと思います。
その一方、それは時間のムダではないかという気持ちもあります。
テーマは似たりよったりでしょう。
よほど前衛的な作品でない限り、食指が伸びません。


戦時中の小学校高学年の作文集を読んだことがあります。
文章の格調の高さに驚かされました。
現代の成人の方が書かれた文章だと言っても信じたでしょう。
レベルの高さに色々考えさせられました。


小説も一昔前の書物の方が格調高い文章に出会えます。
作家、読者ともにレベルが下がってきているのでしょう。
昔の人の方が、より生きるのに懸命だったのでしょう。
昔の人の方が、より大人だったのでしょう。


世界には一生かかっても読みきれないほどの古典が存在します。
私は若い時、あれほど反発を憶えた父に段々似てきています。
娘が年頃になって、大衆文学でも読んでいたりすると、
ぼそっと一言「つまんないものを読んでるなぁ~」


そんなクソ親父になってみるのも悪くないのかなぁ~。
そんな感慨に浸っています。
人生とは巡り巡っていくものなんですよね。
おちまい ((^┰^))ゞ キシシっ


第1519回FC2公式トラックバックテーマ
「漫画は読みますか?」



PS. 今回のタイトル、making編について。
記事を作成して放り出したという意味です(爆)
本来ならここから、記事を推敲していくのですが、
あまりに不出来。やる気を失いました orz


私がマンガを読まないのは単に読む環境にいないだけです(笑)
「卒業」というタイトルが無謀過ぎて、
論理が組み立てられませんでした(笑)
最後のオチだけ思いついて記事を作ると、こうなるんですね(泣)

関連記事


komeyou.gifweb拍手 by FC2komeyou.gif


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2303:まだ、こんばんはではないYO~、お酒さん by 遊びまくり人ひーちゃん on 2012/09/30 at 16:02:19

マンガれすか・・・

実は、ひーちゃん・・・

まだ、ひみちゅにしておくのれすYO~

そうれすねぇ~、決まった方のマンガしか読まなくなったのれす

面白さが分らなくなったのれす

石川賢さんお亡くなりになったので、

ゲッターアーク未完れす・・・

これは、凄く残念れす・・・

まぁ、いいのれす、JOJO読むのれす

まったねぇ~

2307:テーマは出尽くした感が。 by カメゴロウ。 on 2012/09/30 at 18:07:18

マンガ…
ワタシは未だに卒業できません。
でも新作は以前ほど気にしなくなりましたし、
ムキになって全巻揃えようとも思わなくなりました。
でも、気に入ったタイトルは揃えたくなります。

新作が気にならなくなったのは、
パンさんが言うように、テーマが出尽くして、
どれも似たようなストーリーに感じてるからかもしれません。

それでも一流の娯楽だと思いますし、
マンガから得る、モノの考え方などもあると思います。

これからも肩肘張らず、気軽に気楽に読んでいきたいと思います。

2308:No title by ゆりママ on 2012/09/30 at 19:16:40

外国人が今や日本のマンガ(ワンピース)を、
バイブルと呼んで、崇拝してくれている話を、
私もTVで見ました。

そして、そんなに素晴らしいことが
書いてあるのなら、私も呼んでみようと、
少しだけ挑戦しました。
(全部は、無理ですよ!長いんですもん。)

人として、しなければならないこと!
やってはいけないこと!
愛!
友情!
などが、書かれている漫画で、
読んでいて、大感動をしました。


ぶどうさんのお父様を、漫画好きにさせちゃった話、
素晴らしいと思いました。(お父様可愛い♡)


日本人て真面目なのですね。
漫画 = 遊び みたいなイメージでも
あるんでしょうね(*^^*)

私は何度か、お話させていただいていますが、
子供の頃、ハイジや、小公女、母をたずねて~
赤毛のアンの漫画から、善と悪を学んだような気がします。

もちろん小説からも、そういったことは学べるけれども、
人物の描写や、表情が目から入ってくるので、
子供の頃は、感情移入がしやすいんですよ。

(ああー、漫画って本当に大好きです(*^_^*))

そして、忘れてならないのがジブリ作品ですね。
宮崎駿さんの好みが、多分に入っていますが、
いいんです、そんなことは、、、。

トトロ 最高。
千と千尋、ナウシカ、天空の~、 etc etc

すべての作品に、人としての優しさや、
品格が感じられます。

私、ドラえもんの映画版も凄く 素晴らしいと
思ってます。


でも、とても嫌なこともありました。
漫画では無いのですが、
赤毛のアンの映画!

原作を凄く歪めて表現してありました。
マシュウは、農夫とは、程遠い紳士に、
アンも赤毛ではありませんでした。

小説で自分のイメージを作っていた人は
皆 憤慨したことでしょう。(私だけでは無いはず!)

日本人のアニメ作品が素晴らしいのは、
出来るだけ原作に忠実に作るという、
プロ意識があるので、
そこを、私は誇らしいと思います。

駿さんは、ハイジをアニメにする時、
スイスに行って、取材をしたり、
牛の鈴の音にとても拘ったりしたそうです。
(すごいでしょ♡)

さて、最近の私!
目の調節機能が衰えてきたのか、
小説よりも、美しい大きな版の、
写真本が好き!!

自分がそうなってくると、
待合室の患者さんの事も考えます。

週刊誌の他に、写真の多い我楽とか、
家庭画報、そして、そして 絶対オススメの
♡フラレア♡! !

院長先生に 置いてくださいと
お願いしてみようと思っています。

(あ~ 長くなっちゃった!)
長文で、ご迷惑おかけして  m(__)m








2309:No title by 小心者またはチキン on 2012/09/30 at 20:34:22

心はいつまでも少年ですから!小心者です。

漫画は卒業できそうにありませんね~(爆)読むのは好きですが、描くのはムリです(´;ω;`)構成を考えられる人ってすごいですよね!いつも走りながら考えてます。そして辻褄あわせに四苦八苦するのですね!
小説から映像化されると、こんなんじゃないやーい!ってなることは多々ありますね・・・ここら辺が難しいところだと思われます。
失礼しました~

2310:読んでませんね~ by yuu on 2012/10/01 at 00:10:10

長らくマンガ読んでません。
子育てしてると、なかなか時間がねぇ。
そして、漫画本の金額も高いと感じます。
パンとぶどう酒さんが、お父様にマンガを読むよう仕掛けたエピソード、
いいですねぇ。(笑)

最後にはまったマンガがなぜか「エロイカより愛をこめて」っていう、かなり古めのマンガでした。「怪盗エロイカ」とNATO少佐との駆け引きが最高におもしろかったですよぉ。

ゆりママさんのコメントに出てくるアニメ、全部好きです。
同年代ですねぇ。

2311:No title by KAB0830 on 2012/10/01 at 00:26:14

すみません、記事流し読みしただけですが

若い人が書いたものだと余りに現実と違いすぎて
見てて恥ずかしいような、キャラクタも薄っぺらく見えて
そんな色んな経験もなく引き出しもあまりなくて
小説だとある程度の年齢や、完成させる時間の違いであったり
作者が社会人から入ったりする人が多いのか

そんな簡単に友人を助けられるものでもないし
もの凄い覚悟が必要だったり
色々な友人と付き合う事で精神的にまいったり
家族だって会社だって都合良く出来てないし

映画とかでも、若い子が見る映画で
何処が悲しかったの
と聞いてみると「だって死ぬんだよ」って
うーん
楽になって良かったねって言われる人もいるし
生き抜く事にもの凄い覚悟がいる事(人)も多いし

絵込みだと説得力がない事が余計に目立つ感じがします
実写ドラマや映画もそうです

ここ数年で年齢で号泣する映画の違いに
ビックリしました

最後に、偉そうに言いましたが
自分は小説を見ると数分で寝れます

2318:遊びまくり人ひーちゃん★かめごろう。さん★ゆりママさん★小心者またはチキンさん★yuuさん★KAB0830さんへ by パンとぶどう酒 on 2012/10/01 at 16:04:03

★遊びまくり人ひーちゃんへの返信です★
> 決まった方のマンガしか読まなくなったのれす

= それは安住の地を見つけたということかもしれませんね。
自分の望むものを手に入れたということかもしれませんね。
とても幸せなことじゃないでしょうか。

私は音楽とマンガの分野では、
その人の作品だけで、今後の人生を生きていける。
あります。持っています。とっても幸せかもしれません。
(誰も知らない♪知られちゃいけない~♪
作家が誰かは恥ずかしくて内緒なのね~☆)

未完で終わる。なんともいえず切ないですよね。
その分、JOJOをいっぱい楽しんでくださいね☆
コメントどうもありがとうございました。



★かめごろう。さんへの返信です★
> 気に入ったタイトルは揃えたくなります。

= マンガって場所をとりますよね(笑)
家が大きかったら山ほど揃えたくなります♪

> 新作が気にならなくなったのは、テーマが出尽くして、
どれも似たようなストーリーに感じてるからかもしれません。

= マンガ家によればテーマは毎回同じで、
人物設定だけ変わるってパターンも多いですよね。
そして、それがトレンドなら出版社は利益を追求しますので
同じような作品ばかり集めるようになりもしますよね。
結局それは亜流。2番煎じに過ぎませんよね。
読者も読んでいて、やがては飽きてきますよね。

> これからも肩肘張らず、気軽に気楽に読んでいきたいと思います。

= それでもまだ出会えていない
未知の素晴らしい作品と出会えるかもしれませんよね。
私も気軽に付き合っていきたいと思っています。
コメントどうもありがとうございました。



★ゆりママさんへの返信です★
ゆりママさん、「ONE PEACE」に挑戦されたのですね♪
大感動されたのですね!!
私も「ONE PEACE」全部読んでるわけじゃないですが、
ところどころ集中して読んだり、アニメ見たりして
なんとかついていってます。
感動する名場面、沢山ありますよね☆

> ぶどうさんのお父様を、漫画好きにさせちゃった話、
素晴らしいと思いました。(お父様可愛い♡)

= 父はこの2作品しか読んだことがないと思いますが、
とりあえずマンガを読ませることに成功しました☆
でも自分では買う気はないようです。
今でも私が買って忘れてこなければいけません(笑)

> 日本人て真面目なのですね。
漫画 = 遊び みたいなイメージでもあるんでしょうね(*^^*)

= 昔はマンガ読んでるだけで、不良になったり、
バカになるって言われましたよね。
でも時代は変わってきているように思います。
麻生元総理大臣、マンガ大好きでしたよね。
またゴダイゴのタケカワユキヒデ、
自宅の本棚に週間漫画ジャンプやサンデーなど、
第1号から全部持っているようですね。
昔テレビで見てびっくりしたことがあります。
地下室の本棚だったと思います。すごいなぁ~(笑)

ここからはアニメの話ですね♪
私はセーラはあまり観た記憶がないです。
「ペリーヌ物語」が好きでした。フローネは少し観たような。
このシリーズは少し女の子向けですものね。

> 子供の頃は、感情移入がしやすいんですよ。

= それが今でも結構感情移入して泣いてます。
「アルプスの少女ハイジ」DVD全話持っているのですが
最終回のクララが立つシーンでは毎回泣いています(笑)

ところでアルプスの少女ハイジの続編ってご存じですか?
別の作家が書いた小説ですが、2冊出ています。
また原作はアニメと違って宗教的な場面もあります。
ペーターが意地汚く意地悪だったりします(笑)

> 駿さんは、ハイジをアニメにする時、
スイスに行って、取材をしたり、
牛の鈴の音にとても拘ったりしたそうです。
(すごいでしょ♡)

= ゆりママさん、お詳しいですね。
私も宮崎駿さんの本読みましたよ~♪

リアリティーの追求しながら
子供たちに夢を与える部分もリアルさを壊さない範囲で、
キッチリ鏤めてあるのが素晴らしいですよね。
原作を超えていると思っています。

> ドラえもんの映画版も凄く素晴らしいと思ってます。

= 私も同じでーす。だから今でも人気があるんですよね。

> 小説で自分のイメージを作っていた人は
皆 憤慨したことでしょう。(私だけでは無いはず!)

赤毛のアンはアメリカのドラマシリーズを観ていました。
これは映画とは違うのですよね。
私は小説のイメージがないので何ともいえませんが
原作のイメージを壊されてガッカリしたことは何度もあります。
夢は壊さないでほしいですよね!!

「フラレア」検索して調べました。
月刊誌で1500円するのですね(笑)
ゆりママさんは毎月購入されて読まれているのでしょうね。
病院に置くのはいい考えだと思いました。
患者さんに読んで興味を持ってもらって、
ゆりママさんのステージを観にきてもらいましょう(*^^*)
院長先生にお願い、頑張ってくださいね。
コメントどうもありがとうございました。



★小心者またはチキンさんへの返信です★
> 読むのは好きですが、描くのはムリです(´;ω;`)

= 最近は絵をあまり描かれていませんよね。
小説に合わせて挿絵のようなものを描いて欲しいなって思っています♪

> いつも走りながら考えてます。

= 色々なタイプがあるようですね。
例えば、楳図かずおは最後の1コマから前に向って
作品を構成するようですよね。
池波正太郎の場合は鬼平シリーズなど、
ペンを走らせてみて、登場人物が勝手に動き出すのを待つようです。
また、大まかな着地点だけを決めて、書き出される作家も多いでしょうね。
「みをつくし料理帖」シリーズの高田郁がそうだったと思います。

小心者またはチキンさんの作品、続きを楽しみにしています。
コメントどうもありがとうございました。



★yuuさんへの返信です★
> 長らくマンガ読んでません。子育てしてると、なかなか時間がねぇ。

= マンガは後回しの娯楽とでも言いますか、暇つぶしの楽しみですよね。

「エロイカより愛をこめて」知ってまーす ピース(≧▽≦)v
昔、親類に貸してもらって少し読みました。
今でもまだ続いているんですよね。ちょっと検索して調べてみました。
「エロイカより愛をこめて」35周年記念メモリアルブック
9月に発売されたようですね。
35年経っても未だに完結しないんですね!
私が生まれるずっと前から連載されてるんですね(笑)
私の嫁が「ガラスの仮面」文庫本を全巻持っていると思いますが
こっちよりも長そうですね(笑)
yuuさん、35周年記念メモリアルブック、買いに走らなくて大丈夫ですか~☆

> ゆりママさんのコメントに出てくるアニメ、全部好きです。

= ちなみにゆりママさんは特撮も大好きだと思いまーす♪
コメントどうもありがとうございました。



★KAB0830さんへの返信です★
初めまして。拙ブログへ訪問してくださり、
なおかつコメントまで頂けて、とても嬉しく思っています。

> すみません、記事流し読みしただけですが

= とんでもありません。この記事は読んで貰えないもの。
コメントが頂けると、想定していませんでした。
マンガへのそれぞれ想いの強さに驚かされています。

「都合良く出来てないし」
現実社会、人間関係などは全て、
この一言でいえるように思えますよね。
物語に説得力を持たせようとすれば
言葉数は多ければ多いほど、いいと思えます。
マンガだとどうしても紋切り型になってしまいますよね。
また真実味とは別の磁力で引っ張っていくしかないのでしょうね。
できれば完成度の高い作品と出会いたいですよね。
欠点を補えるだけの長所があれば、私は欠点には目をつむって
マンガを楽しんでいるところがあります。

> 年齢で号泣する映画の違いにビックリしました

= 私も別の意味で年齢的に感じることがあります。
私は特撮ヒーローものを子供と観ることがあります。
平和を守る隊員達が子供に見えて仕方ありません。
学園祭の演劇をみていると錯覚しそうになります(笑)
子供たちが隊員さんを見れば大人に見えるんでしょうから
文句をつける気持ちはありませんが、気持ちは複雑です。

年齢、若い時の方が感性は鋭いように思います。
年齢が上がるほど、経験(価値観など)は豊かになると思うのですが、
両方得たいうのは贅沢なんでしょうね(笑)
あと、私は小説家など、私は自分と同世代か上の年代の作家を好みます。
コメントどうもありがとうございました。


2319:No title by ゆりママ on 2012/10/01 at 20:46:40

アルプスの少女ハイジの続編
読みました。
ペーターが、焼きもちを焼いて
いじわるで、偏屈でがっかりしました。

yuuさんのエロイカより愛をこめては、
子供が小さい頃、置きっぱなしにして
読まれてしまって、
いいのかなぁ?と悩んでしまった漫画です。
(小学1年だったかな?)

性教育にいいかも!  です。^^;
(良くないか!)(な?)(ウフフ♡)

2324:懐かしい! by 高月美舞 on 2012/10/02 at 04:25:21 (コメント編集)

「玄人のひとりごと」確か高校生のとき読んでた気が…。
父がマンガ好きなので、ビックコミック系は
毎週家にあったのです。
(今はたまにあるくらいです)
なので、こちらの作家さんが昨年亡くなった時、
とってもショックでした。
まさかこちらの記事で共有できるなんて(^^)

うちは逆に母がマンガNGで、
小学校高学年まで自分でもあまり読みたいと
思ってなかったです。
母に対しての複雑な思いがここには介在しますが、
それはまぁおいおい(^^;)
なのでちゃんと読み始めた時はもう
はまってしまって大変でした><
反動は怖いです。

数作品好きな作品があって、それは読んでますが、
なかなか新しい作品に手が出せなくて。
ホント、時間的にも金銭的にも、
漫画を読むって贅沢な趣味ですね><

2330:ゆりママさん★高月美舞さんへ by パンとぶどう酒 on 2012/10/02 at 15:28:34

★ゆりママさんへの返信です★
> アルプスの少女ハイジの続編読みました。

= すごい!!私は本が出てること知りませんでした。
私は少し前に古本屋で見つけて、存在を知りました。
パラパラと読んで購入しませんでした。
買っとけばよかったかなぁ…
私は「赤毛のアン」も1冊読んだだけです。
ゆりママさんはアンシリーズ、全部読まれたのですよね。
文学少女だったのですね!!
大家族で育った娘は知力体力ともに
優れているっていいますよね。

>(良くないか!)(な?)(ウフフ♡)

= こういう時、男親は無力でーす。
どうしたらいいのか(な?)
コメントどうもありがとうございました。



★高月美舞さんへの返信です★
「玄人のひとりごと」
読まれていたのですね!
渋い女子高生だったのですね(笑)
この漫画は典型的な親父漫画ですよね。
私が最後まで買っていた漫画雑誌は
ビッグコミックオリジナルです。
中島徹氏がお亡くなりになられた時はショックでした。
(中島徹氏の作品は他にも持ってまーす)

美舞さんのご両親さまは、
私の両親と同年代だと思っています。
漫画に理解のない親、沢山いましたよね~♪
反動でハマるっていうのは分かります。
一気に波にさらわれますよね。
それで気づいた時には大海原を漂っていますよね(笑)

> 漫画を読むって贅沢な趣味ですね><

= 漫画は普通の本と違って手放すのに悩みます。
再読したくなる可能性高いですよね。
そのためにまた高いお金は出せないですし…
贅沢な趣味だと思います。

美舞さんはご自身で漫画作品ができるから
羨ましいなって思います。
小説も創作できて、作曲もされますよね。
ありあまる才能、いいなぁ~☆
コメントどうもありがとうございました。


komedogeza.gif★このエントリーにコメントを残す★komedogeza.gif

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。