RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


komeyou.gifweb拍手 by FC2komeyou.gif


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1194: by ♪ねこ♪ on 2012/05/07 at 22:12:11

コメントって、大切ですよね。
パン先生の仰るとおり、
コメントを残してくださる方のブログは訪問したくなりますし、
自分がコメントを残して、再度訪問した際に
お返事として、お相手の思いが伝わってくるような言葉が書かれていたら、
またまた訪問したくなります。
不思議なものですね。

人それぞれで好みは分かれると思いますが、
私は訪問先のブログの記事は基本的に「読み物」感覚で読ませて頂いています。
ですから、ストーリーや展開があるものなら、長文大歓迎です☆
私が自分のブログを開設するずっと前から、マニア的に
読み込んでいるブログは、最初のエントリーからすべて読んでいますが、
長文が多いです。

一方で、私が回れ右したくなるようなブログは、
言葉をポイ捨てしているようなブログです。

ブログの記事は、アップしたら、誰かの目に触れる可能性のあるものです。
目に触れたら、何かが伝わってしまう可能性があるものです。
実際、訪問先でくすくす笑ったり、涙したり、憤ったり、
感動したりすることは、私にはよくあることです。
画像や動画など、記事作成に使えるものは沢山ありますが、
基本的に思いを伝えるのは私は言葉だと思っています。
文字でしか伝えられないからこそ、丁寧に、大切に、
思いをこめて綴りたいと思っています。
あくまで、一個人の考えに過ぎませんが。

1199:コメントどうもありがとうございます by パンとぶどう酒 on 2012/05/08 at 00:48:58

★♪ねこ♪さんへの返信です★
♪ねこ♪さんのコメントや返コメは
いつもものすごく注意深く拝見させて頂いています。
♪ねこ♪さんが言葉をとても大切にされているのは
初訪問の時から重々承知しているつもりです(笑)
コメントはとても大切ですよね。
記事については作った本人が誰よりもよく知っています。
コメント1つ取ってもどこまで読み込んで
訪問者がコメントしたか一瞬でわかりますよね。
また記事を作った人の本意が
思わぬところに隠されていたりすることもよくあります。
それを読み取るのは並大抵のことではないですよね。
返信コメントについては更に考えることが沢山ありました。
大まかに言えば、オーソドックスに自分の主張を述べるべきか。
相手をたてるように話をすすめるべきか。
これだけでもプラス面、マイナス面が沢山羅列できます。
長文の考察記事ができそうです(笑)

私も基本的には長文派。言い方変ですね。
圧倒的に長文派です(笑)
長文を読むのは全く苦にはなりません。
というより長文を読まないと物足りなく感じてしまう派です。
また写真やイラストだけのブログに魅力を感じません。
言葉があってこそだと思っています。

今、4月以降は自分の主義を曲げて記事作りをしています。
私のやり方は王道とはいえないと思っています。
今は極端に変化させて、おそらくまた元の鞘に戻ると思います。
その過程で何か1つでも得ることがあればなぁという気持ちです。
バカなことやっているなと観察してください(笑)

考察記事に対してのコメントは、新たな気付きとなるべく
得るものが多くて本当に助かります。
コメントどうもありがとうございました。


komedogeza.gif★このエントリーにコメントを残す★komedogeza.gif

   

ブログエントリー読まれる確率3割以下かな!?

ninomiya.jpg

私のブログは実際にはどれくらいの方に
読んで頂いているのでしょう。
今回はこのことから考えてみます。


私はコメントをくださった方のブログエントリーは精読します。
これはどんな方がコメントくださったのか興味心に由来しています。
また検索ワードから訪問したブログ記事は精読する確立が高いです。
これは自分の関心とマッチするわけですから当然です。
この2点は他の方も同様なのでは? そう考えています。


kangaeru.jpg


それ以外の訪問。主に足跡やランキングサイトからの訪問。
(目的を持たない曖昧な気持ちでの訪問)
瞬間的な判断。ブログの全体の雰囲気、色、デザインによる判断。
およびタイトルと最初の数行で判断されるのではと思っています。
そこで半分以上の方に直帰されているのではと思っています。


最初の数行で引き止めることができたとしても、
次の数行、また次の数行、行数を重ねるごとに
読まれる確率は低くなってきていると思っています。


syonben.jpg


本文が長ければ長いほど、
読んでもらえる確率は低くなると思っています。
書きたいことを全て書くのはとても気持ち良いことです
自己満足の典型的な例といえるのではないでしょうか。


もちろん精読ではなく、流し読みの場合に置いてです。
私はブログを開設して半年。
私の感覚では来訪者の方の約3割以下の方が
私のトップ記事を最後まで読んでくださっている。
このように推測しています。もっと低いのでしょうか…


ninomi.jpg


この数値を7割にするのが、交流を主とした当ブロブ、
私の願望です。
そのためには何をすればよいのか?
次回からはこの点について考えていきたいと思っています。




関連記事


komeyou.gifweb拍手 by FC2komeyou.gif


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1194: by ♪ねこ♪ on 2012/05/07 at 22:12:11

コメントって、大切ですよね。
パン先生の仰るとおり、
コメントを残してくださる方のブログは訪問したくなりますし、
自分がコメントを残して、再度訪問した際に
お返事として、お相手の思いが伝わってくるような言葉が書かれていたら、
またまた訪問したくなります。
不思議なものですね。

人それぞれで好みは分かれると思いますが、
私は訪問先のブログの記事は基本的に「読み物」感覚で読ませて頂いています。
ですから、ストーリーや展開があるものなら、長文大歓迎です☆
私が自分のブログを開設するずっと前から、マニア的に
読み込んでいるブログは、最初のエントリーからすべて読んでいますが、
長文が多いです。

一方で、私が回れ右したくなるようなブログは、
言葉をポイ捨てしているようなブログです。

ブログの記事は、アップしたら、誰かの目に触れる可能性のあるものです。
目に触れたら、何かが伝わってしまう可能性があるものです。
実際、訪問先でくすくす笑ったり、涙したり、憤ったり、
感動したりすることは、私にはよくあることです。
画像や動画など、記事作成に使えるものは沢山ありますが、
基本的に思いを伝えるのは私は言葉だと思っています。
文字でしか伝えられないからこそ、丁寧に、大切に、
思いをこめて綴りたいと思っています。
あくまで、一個人の考えに過ぎませんが。

1199:コメントどうもありがとうございます by パンとぶどう酒 on 2012/05/08 at 00:48:58

★♪ねこ♪さんへの返信です★
♪ねこ♪さんのコメントや返コメは
いつもものすごく注意深く拝見させて頂いています。
♪ねこ♪さんが言葉をとても大切にされているのは
初訪問の時から重々承知しているつもりです(笑)
コメントはとても大切ですよね。
記事については作った本人が誰よりもよく知っています。
コメント1つ取ってもどこまで読み込んで
訪問者がコメントしたか一瞬でわかりますよね。
また記事を作った人の本意が
思わぬところに隠されていたりすることもよくあります。
それを読み取るのは並大抵のことではないですよね。
返信コメントについては更に考えることが沢山ありました。
大まかに言えば、オーソドックスに自分の主張を述べるべきか。
相手をたてるように話をすすめるべきか。
これだけでもプラス面、マイナス面が沢山羅列できます。
長文の考察記事ができそうです(笑)

私も基本的には長文派。言い方変ですね。
圧倒的に長文派です(笑)
長文を読むのは全く苦にはなりません。
というより長文を読まないと物足りなく感じてしまう派です。
また写真やイラストだけのブログに魅力を感じません。
言葉があってこそだと思っています。

今、4月以降は自分の主義を曲げて記事作りをしています。
私のやり方は王道とはいえないと思っています。
今は極端に変化させて、おそらくまた元の鞘に戻ると思います。
その過程で何か1つでも得ることがあればなぁという気持ちです。
バカなことやっているなと観察してください(笑)

考察記事に対してのコメントは、新たな気付きとなるべく
得るものが多くて本当に助かります。
コメントどうもありがとうございました。


komedogeza.gif★このエントリーにコメントを残す★komedogeza.gif

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。