RSS

2013年04月のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • 子供の頃、胸をときめかせた冒険小説ランキングBest20☆

    20位まで全て分かる。嬉しい!! 子供の頃、色々な夢を見ていたような気がします。船が難破。命からがら辿り着いた先が無人島。手始めに、猛獣たちを手なずけます。映画「青い珊瑚礁」に出てくるブルック・シールズのような美女を守りながら、首狩り族の猛襲にも耐え…同じようなシチュエーション、何度妄想したことか(笑)大人になるにつれ、現実に即した想像に変わってきます。テレビで、未開人に混ざって、文明人が生活する番組...

  • 「バカップルな過去を振り返る12問バトン」作成しました☆

    バカップルな過去を振り返る12問バトン Q1 自転車の2人乗りをしたことがある。 A1 ある。Q2 頬についているご飯つぶを、食べ(られ)たことがある。 A2 あ、ある。Q3 横に並んで座る時、頭を肩に乗せ(られ)たことがある。 A3 ・・・ある(汗)Q4 横に並んで座る時、手を太ももに置いた、置かれたことがある。 A4 えっと・・・ある(汗)Q5 体温を測る時、おでことおでこをく...

  • 両親とスペシャルな思い出を作り、共有したいな。

    時の流れは、優しくもあり、残酷でもあります。近年、櫛の歯が欠けるよう、私の伯父に当たる、父の兄2人が他界しました。父は昨年2度、救急車で病院へ運ばれました。両親ともに高齢。病気が友達。寝込むことも増えてきました。FC2トラックバックテーマ第1635回「両親に渡すプレゼント」私は男兄弟で育ちました。母は私が子供の頃から、孫娘ができたら、髪を可愛く結んであげたい。キレイな洋服を着せて、動物園へ連れて行きたい。...

  • 「記事は断定文で書くことが重要だ!」という話☆

    過去記事を読み返しました。丁寧語に混じって、「思う」「考える」「感じる」が、目に留まりました。語尾が同じにならないよう工夫して、多用していました。ブログは、己の想いを発表する場。意見や感想を表明する場。私はいつも、言葉が柔らかくなるようオブラートで包み、くどくぼかした言葉を発していました。他にも色々な表現が目に付きました。~のような気がします。~ではないでしょうか。(表現に、軽さを求めた一面もあり...

  • 「スマホ・ガラケー耽溺10問バトン」作成しました☆

    スマホ・ガラケー耽溺10問バトン Q1 携帯電話を忘れた時、平静でいられますか? A1 週末、たまに忘れて出歩きます(汗)まぁいいかと諦めます。Q2 誰かと会っている時、携帯電話をいじることはありますか? A2 ないと思います。Q3 自宅で、携帯電話を携帯していますか? A3 子供が触らないよう、高いところに置くようにしています。Q4 移動中、携帯をいじることはありますか? A4 ...

  • 満開の桜さん、お願いします。入学式まで散らないで~!!

    私が育った地域の小学校、入学式当日に合わせたように、桜が満開になっていたように思います。私が小学校へ入学した時の写真、満開の桜が写っています。まもなく、小学校入学式を迎えます。入学予定の校庭の桜が、散り始めています。6才のおねえちゃんの入学式、満開の桜の元でやらせてあげたいな。近年、桜の開花が早くなって来ているのかなぁ…「この桜吹雪、散らせるもんなら散らしてみろぃ!」啖呵を切って片肌を脱いで、桜の彫...

  • 「パパ」卒業!?

    我が家には2才6ヶ月の娘がいます。 少し前、「パパ」から「お父さん」という呼ばせ方に、変えてみようかと試みたことがありました。その時の顛末はこちらをお願いします。「とうたんちがう、パパ!」娘と私のバスタイム2011/12 兵庫県神戸市王子動物園。山の神さまが連れて行った時の画像です。(当エントリーは、2012/1/21初投稿。本日、続編UP予定☆)今年に入って、パパと決別することに成功。一抹の淋しさを感じます。現在、娘...

  • 愛と哀しみの「パパ」卒業 Part-2

    3才の娘に、以前はパパと呼ばれていました。その後、1年以上、呼び捨てにされてきました。その時の詳細はこちら → 「パパ」卒業!?このたび、私の呼び名が再び変わりました!!呼び捨てと決別することに、成功しました。現在、娘から呼び捨てにされていません!!一抹の淋しさを感じますが、呼び捨てを卒業しました!!ほ~た~るの、ひ~か~り♪(。>ω< p【卒業式】q ゚+。:.゚もう呼び捨てにされることは、一生ないのでしょ...

  • 子供の頃、プロレス番組を観るたび、燃え尽きていました(笑)

    子供の頃、3度の飯よりプロレス番組が好きでした。金曜、夜8時台、人気番組が目白押しの時間帯です。裏番組が「太陽にほえろ」「金八先生」でした。私は『ワールドプロレスリング』を観ていました。スタン・ハンセンが「うぃ~~!!」雄たけびを上げ、ウエスタンラリアートをアントニオ猪木にぶちかまします。「ワン、ツー」ミスター高橋のカウントが入ります。あ~!!猪木がやられる~~!!「カウント2,9 カウント2,9」実況の...

  • 「桜」漢字の由来から、日本の心に想いを馳せてみた☆

    家から駅まで、桜並木のある、狭い路地を通勤します。今週、桜のトンネルを楽しみました。今朝、桜の絨毯の上を歩きました。(足元を携帯でパシャリ☆)そして、桜という漢字の成り立ちについて、想いを馳せました。「桜」という漢字は、「櫻」の略字。『2階の女が気にかかる(2貝の女が木にかかる)』学生の頃、覚えた記憶があります。「嬰」は、みどりご。生まれたばかりの子。かけがえのないもの。守りたいもの。守っていかなき...

≪前のページ≪   1ページ/2ページ   ≫次のページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。