fc2ブログ
RSS

2011年10月のエントリー一覧

  • 祈り

    娘は今、2才3ヶ月。可愛い盛りの真只中。毎日、輝かんばかりの笑顔で、成長の証を刻んでいく。その瞬間、瞬間の奇跡。それを見守っていけることの幸せ。「子供は3才までに、その愛らしさゆえ、先に一生分の親孝行をすませてしまう」この話を何度か耳にする。この言葉の意味を噛みしめ、この子を与えてくれたこと、この子と出会え、この子の親となれたこと。ただ祈るような気持ちで感謝、感謝。...

  • 仲良くお風呂

    2才と4才、2人で遊ぶと必ずケンカして、両方大泣きする。原因は2才の娘。従姉の遊ぶ玩具で遊びたくなり、それを奪いにいく。従姉はしぶしぶ渡し、別の玩具で遊ぶ。それを見て、従姉の遊ぶ別の玩具が欲しくなる。これの繰り返しが何度か続き、最後は2人揃って大泣きで終わる。遊んでる時、2人揃ってのカメラ目線は、そうは撮らせてもらえない。奇跡の一枚…というより粘りの一枚です。...

  • 保育園での写真を見て思うこと

    季節が変わるごと、娘の通う保育園から、園での写真をもらう。屋外、砂場での写真では、着古した普段着。鼻からは青っ洟。我が娘ながら、何とまあブサイクなんだろう(笑)6人程の集合写真では泣いてる子もいれば、髪に寝ぐせ、にらみ顔の子も。もちろん大半の子が正面を向いてない。初めて写真をもらった時は、女の子なんだから、少しは手心加えて欲しい。そう思ったものです。親が写真を撮る場合、少しでも良い写真を残そうと、...

  • アルプスの少女ハイジ②

    第4話「もうひとりの家族」 この回には、子供たちに強烈な印象を残してきた 〝ヨーゼフが蝸牛をペロリと食べるシーン〟があります。 物語のあらすじ。 山の牧場で天候急変。風が吹き、雲が流れ、辺りも暗くなり、 急いでヤギを集め、岩棚まで避難するハイジとペーター。 岩棚までもう少しのところで雨が降り出し、落雷で近くの木が炎上。 初めて経験する自然の猛威に泣き出すハイジ。やがて嵐が去った後、親から逸れた雛鳥(ピッ...

  • アルプスの少女ハイジ①

    アルプスの少女ハイジ(1) [DVD](1999/08/25)杉山佳寿子、小原乃梨子 他商品詳細を見る牛乳、チーズ等の乳製品が嫌いな娘に、少しは改善しないかと2才前後から、アニメ「アルプスの少女ハイジ」を観せています。(全く効果なし)とりあえず保育園では頑張って牛乳飲んでるようなのでよしとはしていますが…ただ、このアニメは娘もすぐ気に入って『ハイジ、ハイジ』とDVDを指差し、再生してとせがむこと多し。第2話「おじいさんの山...

  • おつきさまこんばんは

    おつきさまこんばんは(福音館 あかちゃんの絵本)(1986/06/20)林 明子商品詳細を見る前回のアルプスの少女ハイジの第4話「もうひとつの家族」『やはり、ハラハラした後にホッとする展開は、子供にとっては鉄板』これに付随して思い返すことを1点(娘が1才の頃)「おつきさまこんばんは」の雲に隠れてたお月さまがポッカリ顔を出すおしまいのページ、あー よかったおつきさまが わらってるまんまる おつきさまこんばんは こん...

  • 女性を讃える四文字熟語

    2才の娘の父親の立場として、愛娘(女性)を讃える意味で、立てばシャクヤク、座ればボタン、歩く姿はユリの花。立如芍薬 →  立てば芍薬坐如牡丹 →  座れば牡丹行如百合 → 歩く姿は百合の花「解語之花」 “言葉を理解する花”の意で、美人のこと。 「沈魚落雁」魚や雁がんも恥じらって、身を隠すほどの美人。「閉月羞花」美しい容姿に対して月もはじらい、花も閉じてしまう意。容姿の美しい女性を形容する語。「国色天香」...

  • 一さじのお砂糖 「メリー・ポピンズ」

    メリー・ポピンズ・スペシャル・エディション[DVD](2005/01/21)ジュリー・アンドリュース、ディック・ヴァン・ダイク 他商品詳細を見る「メリー・ポピンズ」を娘に見せ始めたのは1才半から。アニメを含めた映画の中で、もっとも早くからみせたDVDです。“A Spoonful of Sugar”映画「メリー・ポピンズ」よりIn ev'ry job that must be done There is an element of fun You find the fun and snap! The job's a gameAnd ev'ry task you undertakeBecomes a piece of cake...

  • 奈良美智の絵本

    ともだちがほしかったこいぬ(1999/11)奈良 美智商品詳細を見る娘と2週間に1度の割合で図書館へ通っています。10冊の絵本を借りて帰って来ます。そのうち半分は、書評やアマゾンレビュー等を参考に、予約取り置き。後は、図書館で娘に選ばす形を取ってます。今回、満を持して借りた「ともだちがほしかったこいぬ」見事空振りでした。一読後、見向きもされずに返却。(娘が気に入るようでしたら、書店に買いに走るつもりでした)...

  • ブログのための備忘録

    自分自身への戒め、及び今後のブログへの取り組み方。それらを決める備忘録として、林望氏の文章を引用しました。長文になります。興味のある方よろしくお願いします。...